CULTURE

韓国女子から学ぶ“ホワイトインテリア”を上手く使ったおしゃれな部屋づくりをご紹介♡

韓国女子から学ぶ、狭いワンルームでもおしゃれに見せるインテリアのコツを教えちゃいます♡

カルチャー

狭くてもホワイトインテリアでおしゃれにしたい♡

女の子なら一度は憧れる“ホワイトインテリア”♡

狭いワンルームでも、統一感があっておしゃれな部屋にしたいですよね。

今回は、韓国女子から学ぶ“ホワイトインテリア”を上手く使って、お部屋をおしゃれに見せるコツを「テイスト別」にご紹介。

シンプルに

狭い部屋にはシンプルが一番。

特に、お仕事や学校で外にいる機会が多く、寝るために家に帰っているような方は、できるだけ部屋に物を置かないことが一番綺麗に見えます。

教科書や資料などは使う順で置く場所を変えてあげると◎

あまり使わないものは、ベッドの下に収納しておいたり、ちょっとしたスペースも使いましょう。

鏡を置くと部屋が広く見えます。

毎日のコーディネートを確認するためにも全身鏡を置く女子は多いと思います。

インテリア感を出すならデザイン性のあるものを選んでみると、おしゃれになります◎

また、テーブルと椅子を置くとしても、二脚を用意する必要はないんです。

一脚でも十分なら、物を増やさないためにも必要最低限に!

ラブリーに

こちらの写真のように、ちょっと広めのワンルームで、ラブリーなテイストで統一されたインテリアは可愛いですね♡

この写真の部屋は長方形のインテリアが多く、それらを綺麗に横に並べてしまうと圧迫感が出てしまうので、ベッドを斜めに置いて工夫しています。

壁とベッドフレームのわずかな隙間には、サイドテーブルを置いて収納したり、見せたくない物を閉まっておくにも◎

床が広いと、部屋も広く見えるのでちょっとした隙間を利用することも大事です!

ワンルームだけでなく、実家暮らしでお部屋があまり広くない方はベッドとドレッサーだけで十分かもしれません。

最近はカフェなどで勉強をしたり仕事ができるので、デスクなどの幅を取るインテリアは諦めるのも大事。

部屋で何をしている時間が多いかを考えて、必要な家具以外を思い切って捨ててみると、部屋が急に片付きます。

ワンルームでもソファを置きたいという方は、2人がけのソファを♡

クッションやファブリック類は色を統一してあげると、すっきりして見えます。

壁に小物をかけることはやめて、大きなファブリックポスターを1枚飾るだけで部屋がおしゃれになります◎

ついつい、お土産で買ったものや小さい置物などを飾りたくなってしまいますが、部屋を綺麗に見せるためには、ごちゃごちゃ感を出さないこと!

ナチュラルに

ワンルームでもベッドスペースと食事やテレビを見る空間を分けたいって方には、「突き抜けシェルフ」を使っておしゃれに空間づくりをしてみては。

上部分だけでも突き抜けていると、部屋が広く感じます。

ベッドフレームに収納が少し付いていると、サイドテーブルが必要なくなるので空間を作ることができます。

コンセント類、ベッドサイドランプ、鏡、時計などをたくさんのものを十分に置けるベッドフレームを選んで、家具を増やさない工夫をしてみると床も広くなります。

また、ブランケットなどはソファと色を統一させて、使わない時はかけておけば収納にも困りません。

まとめ

韓国女子から学ぶ“ホワイトインテリア”を使った、ワンルームでもおしゃれに見せるコツをご紹介しました。

狭くてなかなか思い通りのお部屋づくりができないなと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみては♡

VENESIS公式LINE@はこちら

※下記のQR or 友達追加から追加できます。

友達追加すると毎日、韓国のトレンド情報や気になる話題がLINEのタイムラインでもチェックできます。

あなたにオススメの記事 RECOMMEND