CULTURE

ワンルームや1LDKでもナチュラルでおしゃれな韓国女子のお部屋♡参考にしたいセンス溢れる素敵な“お部屋”特集。

白やブラウンのインテリアで統一させたい女子におすすめの韓国女子のセンス溢れるおしゃれなお部屋をご紹介。

カルチャー

一人暮らしをしている方なら誰もが悩む“お部屋づくり”

なぜか統一感が無い。。。部屋が狭いから家を綺麗に見せるのは難しい。。。

と悩んでいる方におすすめしたいのが韓国女子の“お部屋づくり”♡

韓国の家もワンルームやベッドを置くためだけの部屋がついた1LDKのお家がたくさんあります。

今回は白とブラウンを基調としたナチュラルなインテリアが多いセンス溢れる韓国女子のお部屋をご紹介します。

部屋がそんなに広くなくても工夫している部分がたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください♡

ナチュラルなフレンチカントリーのお部屋 -1LDK-

オレンジの光と自然を感じられるウッド調のインテリアが多いこちらのお家。

ヒーリング(癒し)にもなる観葉植物が至る所に飾ってあり、白とブラウンで統一されています。

ブラウンが多いと温もりを感じる家づくりができます。

ソファ周りはブックラックなどの収納できるインテリアが多め。

お気に入りの本を見せる収納は難しいように思えますが、「本のサイズ」を合わせてあげると簡単に綺麗に見せることができます◎

リモコンやティッシュなど生活雑貨で隠したいものはチェストにしまっておきましょう。

お部屋をパッと明るく見せてくれる間接照明は、シンプルで存在感があまりない小さいものや縦長のものを選ぶと、部屋が狭く見えません。

ベッドルームは広さがない場合は、幅を取るインテリアはNG。

また、高さがあるものを選ぶと圧迫感を感じるので、この方はベッドフレームは使わずベッドマットを直置きで天井を高く見せる工夫をしています。

寝る前に聴きたい、お気に入りのレコードなどをインテリアのように飾るととてもおしゃれです。

白基調の清潔感たっぷりのお部屋 -ワンルーム-

こちらのお家は白を基調とした、シンプルで使い勝手のいいインテリアが多いお家。

白が多いとお部屋が明るくなり、爽やかな印象になりますね。

白が多いですが、ファブリック(布)はチェックやブラウンなどカラーがあるものを選んであげると、殺風景になりません◎

ワンルームは収納が少ない家が多いため、収納インテリアを工夫しなければなりません。

ごちゃごちゃした雰囲気にならない為には、同じような背の低いボックスを横並びさせると、上に物が置けたり、生活感を隠すことができます。

このお家はソファはありませんが、食卓テーブルを窓に近いところに置いてあげると、天気がいい日はカーテンを開けてテラスで過ごしている気分に◎

あえて統一させないチェアも魅力的。

普段は一人分の椅子でも、来客用におしゃれなパイプ椅子を用意しておくのも良いですね♡

使わない日は片付けておくこともできるので、部屋が狭いからソファが置けないという方にもおすすめ。

ワンルームはベッドサイドテーブルを置かない家も多いですが、このように細長いテーブルなら邪魔になりません。

ベッドフレームがない分、充電ケーブルを隠したり、タブレットで映画を観ながらご飯を食べることだって出来ます◎

アンティークっぽい小物が可愛いお部屋

こちらのお家は、今回ご紹介する中で一番お部屋の面積が狭いお家。

ワンルームでも綺麗に見せるTipがたくさんあるので、一緒に見ていきましょう♡

まず、色は統一させることが大事。

床が白ではない家の場合は、クリームカラーのラグを敷いてあげるとブラウンの強調が少なくなります。

収納が少ないお家は本や書類は見せる収納で端にまとめておきます。

パリジェンヌのお家などを見ると、パリも狭いお家が多いので、意外と本や書類はこんな風にそのまま積み上げています。

化粧品などもドレッサーではなく、鏡の隣に箱型の段ボールに収納。

色の統一感さえあれば、ごちゃごちゃした印象になりません◎

お気に入りスペースはアンティークの小物が多め。

ゴールドやブラウンで色をまとめて、ヴィンテージ感のあるポスターや本の切れ端などを壁に貼ってもおしゃれですね♡

マスキングテープで貼れば、賃貸のお家も傷を付けないので安心です。

まとめ

韓国女子のおしゃれでセンス溢れる“お部屋づくり”をご紹介しました。

部屋がそこまで広くなくても、様々な工夫が施されているお家で、とても統一感のある素敵なお部屋が多いですよね。

ぜひ、この記事を参考にお部屋をおしゃれにしてみては♡

VENESIS公式LINE@はこちら

※下記のQR or 友達追加から追加できます。

友達追加すると毎日、韓国のトレンド情報や気になる話題がLINEのタイムラインでもチェックできます。

あなたにオススメの記事 RECOMMEND