CULTURE

SEVENTEEN ホシ、母校に2,310万ウォンの寄付で後輩の青春を応援。

K-POPボーイズグループSEVENTEENのホシが母校の後輩の青春を応援。2,310万ウォンの寄付。

カルチャー

SEVENTEENのパフォーマンスリーダーホシが、母校である京畿道(キョンギド)南楊州市(ナミャンジュ市)の磨石(マソク)高等学校に在学生への奨学金として2,310万ウォン(日本円で現在約213万円)の寄付をした。

参照元:

https://n.news.naver.com/entertain/article/433/0000071882

ホシの両親が学校へ足を運び、代わりに寄付を行った。

ホシの両親は、「ホシ自身が学生時代に家庭の経済状況で学業維持が困難だった時に、校長や担任教師のお陰で高校を無事卒業でき、(アイドルとしての)夢を叶えることができた。母校の経済的に困難を抱える学生が夢を叶えられるように寄付金を使って欲しいと頼んだ」と話した。

磨石高校の校長は「ホシは普段より、目立たぬところで継続的な寄付を行ってくれた。学生たちに肯定的な影響を与えられることを願う」とホシについて語った。

ホシは今までも新型コロナウイルス拡散防止の為に5,000万ウォン(日本円で現在約461万円)の寄付も行なってきた。

SEVENTEENは“青春”のアイコンとして、夢に向かってチャレンジする若者を応援したミニアルバム「Heng:garæ」を発表しミリオンセラーを達成。

続けて10月にはスペシャルアルバム「;[Semicolon]」で、青春を駆け抜ける若者へ少し休みながら青春の饗宴(きょうえん)を楽しもう、というメッセージを込めてカムバック中。

成功への道を一歩一歩着実に歩んできたSEVENTEEN。

青春の楽しさも悩みも経験してきたSEVENTEENだからこそ、“時の壁にぶつかりながらも希望に満ちた”若者の背中を押す心強い音楽で世界中を魅了している。

そんなSEVENTEENの中で、暖かい心で継続的に社会貢献するホシの姿はアーティストとして音楽に込められたメッセージをより深め、チームを輝かせている。

【詳細】
K-POPボーイズグループSEVENTEENのホシが母校の後輩の青春を応援するため、2,310万ウォンの寄付。

HOSHI
ホシ

本名     | クォン・スニョン
所属     | SEVENTEEN
事務所    | Pledisエンターテインメント
国籍     | 韓国
身長     | 178cm
体重     | 61kg
血液型    | B型
生年月日   | 1996年6月15日

VENESIS公式LINE@はこちら

※下記のQR or 友達追加から追加できます。

友達追加すると毎日、韓国のトレンド情報や気になる話題がLINEのタイムラインでもチェックできます。

あなたにオススメの記事 RECOMMEND