BEAUTY

今から春服を色っぽく着る準備♡女性らしい魅力的な「デコルテライン」を作るコツ。

春服を色っぽく着こなせる♡女性らしい魅力的な「デコルテライン」を作るコツをご紹介します。

ビューティー

「デコルテライン」

「デコルテライン」とは首元から鎖骨、胸元までの部分を指します。

デコルテラインが美しいと上品な雰囲気が出て、首元の開いた服をカッコよく、綺麗に着こなせます。

そこで今回は春服を色っぽく着こなせる、女性らしい魅力的な「デコルテライン」を作るコツをご紹介します。

スキンケアをデコルテまで行う

顔のスキンケアは毎日必ず行う習慣ですよね。

デコルテケアも同時に行っちゃえば、めんどくさがり屋の方でも続けられそう。

顔と同じ様に首や鎖骨あたりも皮膚が薄いので、オイルやクリームでしっかり保湿してあげると◎

鎖骨はオイルマッサージがおすすめ

鎖骨には老廃物が溜まりやすいので、週に1、2回はオイルマッサージをしてリンパを流してあげましょう。

むくみが取れると鎖骨が綺麗に見えるだけでなく、肌に血色感がプラスされて顔色も綺麗に見えます。

UVケアはデコルテも必須

肌同様、デコルテラインも紫外線を浴びているので、日焼け止めはマスト。

UVケアをしないまま過ごしているとシミやシワの原因になります。

首から繋がるデコルテラインは顔に近い為、シミやシワがあるととても目立ってしまいます。

美白・美肌を保つためにも、必ず日焼け止めを塗りましょう!

おすすめのケア用品

WELEDA「ホワイトバーチボディオイル」100ml / 4,180円

グレープフルーツの香りがみずみずしいマッサージオイル。

気になる部分(鎖骨周辺)をマッサージでもみほぐすと、引き締まったハリのある肌に整えてくれます。

klairs「ソフトエアリーUVエッセンス」80ml / ¥3,210

敏感肌でも使える低刺激のジェルタイプの日焼け止め。

お湯で洗い流せるから、毛穴詰まりや落とし忘れの心配がありません。

デコルテ周りに塗っても、さらっとベタつかず日焼け止めが苦手な方にもおすすめです。

まとめ

春服を色っぽく着こなせる、女性らしい魅力的な「デコルテライン」を作るコツをご紹介しました。

デコルテラインは老廃物が溜まりやすいので、少しのケアでも十分効果を実感できちゃいます。

是非、毎日のスキンケアに取り入れて“鎖骨美人”を目指してみませんか?

VENESIS公式LINE@はこちら

※下記のQR or 友達追加から追加できます。

友達追加すると毎日、韓国のトレンド情報や気になる話題がLINEのタイムラインでもチェックできます。

あなたにオススメの記事 RECOMMEND